2022.05.13

【連載ブログ】一から学ぶ Salesforce Field Service Vo.1 インストールしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
gettyimages (24360)

連載について

「一から学ぶ Salesforce Field Service」と題しまして、Salesforce Field Service(以降 SFS)初心者メンバーが一からSFSについて学んでいく連載をスタートします!
「SFSに特化した部署に配属されたけれど、SFSを触ったことないよ!」という初心者メンバーたちが学ぶと同時に、これからSFSを利用する人たちに向けて情報発信しようという経緯からこの企画が立ち上がりました!
初心者がインプリできるようになることを目標に、毎月テーマに沿ってSFSについてまとめていきます。
SFSの利用をこれから始めるシステム管理者の方にも参考になりますので、一緒に学んでいきましょう。

Salesforce Field Serviceとは

Salesforce Field Serviceはセールスフォース・ジャパン社が提供する、フィールドサービス業務に特化したアプリケーションです。
では、フィールドサービスとはどんなものかイメージできるでしょうか?
機器の設置や点検・修理などを「現場」(Field)に赴いて作業(Service)を行う業務のことをフィールドサービスといいます。例えば、オフィスでコピー機が壊れた時や洗濯機などの家電の修理を依頼する先が、フィールドサービスと呼ばれるものです。
SFSは昔「Field Service Lightning」と呼ばれていました。
過去のブログの記事も参考になりますので、ぜひ見てみてください。

今回のテーマ:インストール

今後の勉強を快適に進めるため、まずは準備としてセールスフォース・ジャパン社のSalesforce Field ServiceをSalesforceにインストールしましょう。

インストール手順

Salesforce環境は各自のDeveloper EditionまたはTrailhead Playgroundを利用します。
Salesforce Developer サイト ( https://developer.salesforce.com/ja ) にアクセスして、サインアップしアカウントを作成してください。
組織が作成された状態から以下の手順に従ってインストールを行います。

1.Field Serviceの有効化

Salesforce組織においてField Serviceの使用を有効化します。

設定>Field Service 設定にて有効化

2.インストールユーザ用プロファイルの作成

インストールユーザのプロファイルが日本語の「システム管理者」の場合、パッケージインストールにてエラーとなるため「System Administrator」プロファイルを作成してください。

設定>プロファイルにて「システム管理者」プロファイルをコピー

「System Administrator」と名前をつける。

インストール実施ユーザに作成したプロファイルを割り当てる。

3.FSLパッケージのインストール

SFS機能に必要なオブジェクトや、Apexクラス等が含まれるパッケージをインストールします。
以下URLにアクセスする
 https://fsl.secure.force.com/install/

Install in Productionをクリック

すべてのユーザに配布を選択しインストール

サードパーティアクセスの承認を行う

インストール済みパッケージに表示されればインストール完了

4.モバイルアプリのダウンロード

技術者が外出先で参照できるように、Salesforce Field Serviceモバイルアプリケーションをモバイル端末にインストールします。

AppStoreにてSalesforce Field Serviceで検索し、インストールする

5.モバイルアプリ用パッケージのインストール

以下URLにアクセスする
 https://help.salesforce.com/s/articleView?id=sf.mfs_prepare.htm&type=5
「Field Service の接続アプリケーションをダウンロードします。」の接続アプリケーションのリンクをクリックすると、最新のインストールページへアクセスできます。

すべてのユーザに配布を選択しインストール

サードパーティアクセスの承認を行う

6.権限セットの作成

SFS用の権限セットを作成します。

左上のアプリケーションランチャーを表示

一覧の中からField Service Admin(Field Service管理)を選択

Field Service設定タブのはじめよう>権限セットに遷移

Createを押下し、以下の権限セットを作成する
  FIELD SERVICE DISPATCHER
  FIELD SERVICE RESOURCE
  FIELD SERVICE AGENT
  FIELD SERVICE SELF SERVICE
  FIELD SERVICE COMMUNITY DISPATCHER
  FIELD SERVICE ADMIN
  FIELD SERVICE INTEGRATION
ここまでが基本設定です。
以降は要件によって設定内容が異なります。
今回は基本的な設定のみ行います。
次回以降で設定が必要になった場合は都度変更します。

ユーザ>ユーザへ遷移し、権限セットを割り当てたいユーザを選択 権限セットの割り当てをクリック

役職に合わせて権限セット(LicenseとPermissionsの両方)をユーザに割り当てる
Developer組織はライセンス数に限りがあるため、以下の割り当てを行う
権限セット 想定ユーザ Developer組織のユーザー
1 Admin システム管理者 ①「システム管理者」
システム管理者プロファイル
2 Agent コールセンター
3 Dispatcher ディスパッチャー担当
4 Mobile 技術者ユーザ(モバイル) ②「技術者ユーザ」
FSL Mobileプロファイル
(新規に作成してください)
5 Resource 技術者ユーザ

7.ページレイアウトの割り当て

設定>オブジェクトマネージャ>該当オブジェクト>ページレイアウトへ遷移し、ページレイアウトの割り当てをクリック

FSL用ページレイアウト(FSLで始まるページレイアウト名)をプロファイルに設定
以下オブジェクトにデフォルト設定する
  サービス予定
  サービスリソース
  作業指示
  作業指示品目
  作業種別
  稼働時間

8.サービス予定のライフサイクル

アプリケーションランチャー>Field Service管理>Field Service設定タブ>サービス予定のライフサイクル 状況移行に遷移し、無効化する

SA状況に遷移し、ステータスを設定する
 New Service Appointment なし
 Service Appointment is tentatively scheduled スケジュール済み
 Service Appointment is sent to its resource 派遣済み
 Service Appointment is in progress 処理中
 Service Appointment is completed 完了
 Service Appointment is not completed 完了できません
 Service Appointment is canceled キャンセル
※インストールの段階で設定されていますが、念のため確認します。

9.作業指示・サービス予定の参照・更新権限の有効化

設定>Field Service 設定に遷移する
今回は作業者が割り当てられた作業内容を確認できるようにするため、以下設定にチェックをつける
 割り当て済みサービス予定を割り当て済みリソースと共有する
 サービス予定の親作業指示を割り当て済みリソースと共有する

10.共有設定の編集

以下オブジェクトを非公開設定する
  サービステリトリー
  サービスリソース
  サービス予定
  作業指示
  Optimization Request

11.共有ルールの追加

以下オブジェクトで共有ルールを作成する
  サービステリトリー
  サービスリソース
  作業指示
  サービス予定
※共有ルールでの共有先が未定の場合は、スキップ可

終わりに

手順通りに進めれば、問題なくインストールができます。
基本的な設定しかしていないため、実際に動かしてみるためには追加で設定が必要です。
(今回はインストールのみなので割愛します)

淡々と進めただけなので、今の時点では設定したものがどのように使われるのかイメージが湧かないかと思います。
次回以降のテーマを学ぶ際には実際に今回用意した環境を動かしてみて、使い方のイメージを掴んでいきましょう。

次回のテーマ

次回のテーマは「シナリオ」です。
SFSをどう業務の中で使用していくのかを考えていきます。
次回もお楽しみに!
65 件
     
  • mitocoで解決!Salesforceでつまずく5つのハードルの乗り越え方
  • Salesforceの保守運用をプロ人材が常駐サポート

関連する記事