2020.12.08

若手社員に発信の場を! コロナ禍で生まれ変わった社内コミュニティ【 Salesforce Thursday Up-and-Comming 】のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
gettyimages (18339)

はじめに

はじめまして、エンジニアの髙橋です。

コロナが蔓延する昨今、テラスカイでも様々な取り組みをしています!
今回はその中でも私自身が運営メンバーとして携わっている社内コミュニティ【 Salesforce Thursday Up-and-Coming  (※以下UandC)】​​のご紹介をさせていただきます。

コミュニティの目的

UandCが目的とするのは下記2つです。

①若手メンバーのアウトプットの機会を提供
積極的に情報発信をしていきたい...
人前で話せるようになりたい...
でもいきなり外部Communityへの参加とかは少しハードルが高い...
そんな若手社員に対し、社内での練習の場を提供します !

②Salesforce以外のIT技術の動向チェック、Salesforce以外の技術要素など幅を広げる動きのきっかけ作り
テラスカイでは常に様々な知見を吸収していくことを推奨しており、Salesforce以外の技術も積極的にキャッチアップしています。ただ一人で黙々と技術を追いかけるのは大変ですし、継続していくのも大変だと思います...
しかしUandCをきっかけに『あの人もこの分野への知識・興味があるんだ』と知ることができ、一緒に学習する仲間を増やしていくことができます !
またUandCでは基本的にテーマをSalesforce以外の技術等に限定しています。
各技術の内容については深いレベルの技術の共有だけでなく、『初めて触ってみた』『こんなことができる』といったレベルでの紹介も多数あります。
そのため『興味はあるけど手は付けてない』というような状態でも全く問題ありません !
むしろUandCで知ったことをきっかけに学習を始める方も大勢いらっしゃいます !

そもそもLTって何?

UandCで主な活動としている「LT」...
そもそも「LT」とは何なのでしょうか?
LT」とは”Lightning Talks”の略であり、直訳すると「稲妻トーク」となります。
少しわかりにくいですが、”Lightning”と言っているのは「非常に速い」という意味合いのことであり、
意訳すると"短い時間でのプレゼンテーション"のことを指します。
LTには厳密な定義があるわけではありませんが、3~10分程度の発表時間を設けて行われることが多いですね。
UandCでは10~15分の発表を行っています。
また発表テーマもかなり様々で、「ITに関すること」であればなんでもOKとしています !

過去の発表テーマ

では実際にどのような発表テーマがあったのかを振り返っていきます。
開催回 開催日 発表テーマ
第1回 6/11 Twillio入門
OAuthってなんですか?
第2回 7/9 Tableau入門
SwiftUIについて
WebMTGツール性能比較
第3回 8/13 クラウド型コンタクトセンターTwilio Flex入門
MotionBoard 入門
第4回 9/10 Google Apps Scriptを使用したBot運用について
便利機能・ツール紹介(Windows)
第5回 10/8 Visual Studio Live Shareについて
WebComponentsって何者?
第6回 11/12 データローダを使った一括権限設定!
換気と水分と生産性
大阪新卒物語
全体的に実作業に使えるツールの紹介が多いですね...
その他先月辺りからは今年度の新入社員の方も発表に参加してくれています !
テーマとしてもフランクなものも多く、誰でも気軽に発表の場を作れることもUandCの魅力です !

※ちなみに筆者も第2回に「WebMTGツール性能比較」というテーマで発表しています !

参加状況・参加者の声

毎回参加者は平均60人を超え、多い時では90人前後参加してくれています !
要因の一端として、WebMTGツール(Google Meet)を活用した発表形式にしたことが考えられます。
このコロナ禍で、大人数で集まることが良しとされない中で、最初はWebMTGツールの活用によってどう変わるかは心配でしたが、むしろ以前よりも参加のハードルが下がり、誰でも気軽に参加できるようになったことが参加者増員につながったかと思います。

また参加者からの声も多くいただきました。
一部抜粋してご紹介いたします。

・知らなかったことについて話を聞くことで、興味が持てたのでとても良かったです。
 認証周り勉強してみたいと思います!(第1回より)

・実際WebMTGツールってどれがいいのかわからなかったからためになりました !(第2回より)
・ちょうど案件でTwillioを触ることになるのでありがたいです ! (第3回より)
・手軽にBot作れるんですね...自分でも作ってみようと思います。(第4回より)
・VSCにそんな拡張機能があるなんて知らなかった。うまく活用していきたいです ! (第5回より)
・あまり意識していませんでしたが、普段の小さな意識で生産性が変わるんですね... (第6回より)

おわりに

いかがでしたでしょうか ?
このような取り組みは上記目的にも記載した通り、発表の場を設ける、Salesforce以外の技術に目を向けるという目的がありますが、このコロナ禍においてはそれ以上に社員同士のコミュニケーションの場として重要な機会だと考えています。特に普段作業をしているうえで関わる人数はそれほど多くなく、また仕事の話が中心となりがちです。しかしこのような機会を通じて新たな社員同士の交流が生まれると考えていますし、私自身も強く実感しているところです。
社員同士のつながりは思ってもないタイミングで重要になってくることがあります。
この活動を通じて社員同士がコロナ禍以前と同じか、むしろそれ以上のつながりを作っていければと思います。
16 件

関連する記事