2017.05.23

今すぐ使える!SkyVisualEditor業務アプリのご紹介 - 第一弾:人材紹介業務アプリ -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さんこんにちは。
本ブログはSkyVisualEditorの利用をご検討されている皆様にもご覧いただいているかと思いますが、ご検討の際に、以下のようなご要望をお持ちになられていませんでしょうか。

  • SkyVisualEditorでどんな画面が作れるのか知りたい
  • 実際にSalesforce上で画面サンプルを操作してみたい
  • 自社の業務特性に合わせた画面を見てみたい

SkyVisualEditorは30日間の無料トライアルを提供していますので、ご契約前でもお試しいただくことができます。
しかし、SkyVisualEditorで作成した画面を操作してみるためにはまずStudioで画面をデザインして、Salesforceにデプロイして、(場合によってはSalesforce自体の設定もして)・・・ハードルが高い!と感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、「もっと手軽にSkyVisualEditorの画面を体験していただきたい」という思いから、弊社ではSalesforceにSkyVisualEditorの画面をプリセットしたテンプレートの整備を進めてまいりました。
その第一弾として「人材紹介業務アプリケーション」をリリースいたしましたので、今回ご紹介します。


「人材紹介業務アプリケーション」とは

人材紹介業務アプリケーションは以下の特長を備えた、Salesforceネイティブアプリケーションです。

  • 求職者と求人情報をマッチングして商談を成約に導くプロセスを総合管理するアプリケーションです。
  • 人材紹介業務プロセスを総合管理するための各種機能をSalesforce上に構築しています。
  • 各種画面を業務データの特性に合わせてSkyVisualEditorで最適化しています。
  • お客様固有の要件に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。

「人材紹介業務アプリケーション」でできること

課題ソリューション提供機能
人材データベース スタッフのマスタ情報、スキル、過去の就業履歴などが集約されておらず最新情報が把握できない。検索に時間がかかる。 ・Webによるスタッフ登録情報をダイレクトにSalesforceに取り込み可能です。
・Salesforceに人材の基礎情報および関連情報を集約し、検索性を高めることが可能です。
・候補者管理(Web登録※)
・人材管理
・リストビュー
※Web登録は別途Salesforce Sitesの設定が必要です。
対応スピード クライアントからの紹介依頼に対して迅速な提案が出せず受注機会損失が発生している。 マッチング検索機能により、求人案件にマッチするスタッフを迅速に検索し、クライアントに提案するまでの対応スピードを短縮することが可能です。 ・マッチング管理
マッチング品質 ニーズに合った最適な人材を提案する事が出来ず、顧客満足度維持、リピート受注、契約更新に課題がある。 人材データベースと求人案件を一元管理し、マッチング処理を半自動化する事で質を高めることが可能です。 ・人材管理
・求人案件管理
・マッチング管理
業務工数 業務に必要な情報が散在しており、また共有も不十分であるため、作業が非効率。余計なコストが発生している。 ・レポート・ダッシュボードによる情報の共有と分析が可能です。
・リスト抽出、情報検索の効率化、アラート等の活用による業務生産性の向上が可能です。
・業務フローに応じたオリジナルホーム画面により、必要な情報へのアクセシビリティが高まります。
・サンプルレポート
・リストビュー
・ポータル機能

サンプル画面

  • スタッフ登録フォーム画面(ウィザードテンプレート使用)
    スタッフ登録画面
  • 人材管理、履歴管理画面(Salesforceレイアウト使用)
    人材管理画面
  • ポータル画面(Dashboardレイアウト使用)
    ポータル画面

トライアルお申込み方法

問合せフォームから「人材紹介業務アプリケーションのトライアル希望」をご連絡ください。


いかがでしたでしょうか?
単なる画面サンプル集としてではなく、そのまま業務にご利用いただける形を目指して作成したアプリケーションですので、ご興味を持たれた方は是非トライアルでお試しください。

また、テンプレートは今後も第二弾、第三弾・・・とリリース予定ですので、乞うご期待です!

1 件

関連する記事