2019.11.23

Dreamforce Day1 : パートナーKeynote フィードバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
みなさんこんにちは。
Dreamforce初参加の足立です。とっても盛り上がっています!
Salesforceから発信される情報量の豊富さ新鮮さに加え、パートナーが自社の特徴をアピールしながらみんなで盛り上げようとしている様子がとても印象的です。

私からは、パートナーKeynoteのフィードバックをいたします。

ますます成長戦略

冒頭にSalesforce市場の成長環境について話がありました。
- AppExchange 5,000製品以上
- Certified Consultant: 72,000人以上
上記数字を見ても、驚異的な成長基盤が確立されていますよね。
これらの成長を支えているのがパートナーであり、今後もパートナーと一緒に変革と成長を実現していきたいというメッセージが繰り返されていました。

特に印象的だったのは、金融、製造、小売など主要業界におけるSalesforceエコノミーが、2019年-2024年に年間平均成長率+35%で拡大していくというIDCのレポートです。Salesforceエコシステムの一員であるテラスカイとしては、とてもワクワクするデータです!

また、”SSOT”という新しいキーワードもメーッセージされていました。
一般的に、SSOT:Single Source of Truth (信頼できる唯一の情報源)とは、組織内の全員が同じデータに基づいてビジネスの意思決定を行うことを保証するために使用される概念です。まさにSalesforceプラットフォームの価値が最大限発揮される考え方だと思いました。

8つのパートナーシップ戦略

全体像は、冒頭の写真の内容ですが、印象に残った取り組みを紹介します。

■Trailblazer Fund
新しいCertification Programが発表になり、パートナーがTrailheadでもっと力をつけられる仕組みが強化されるようです。
さらに、大学でもカラキュラムに取り込むことで早い時期からSalesforceに触れる将来のエンジニアを増やす施策もおこなれます。
若い力でますますSalesforceを盛り上げていきたいですね。

■Accelerate Consulting Partners
Consultingパートナーに継続した投資を行い、”Partner Enablement Investment”や”Partner Learning Camp”に代表されるようなLearningメニューを提供していきます。
また、お客様のニーズにあった適切なコンサルタントを、"Consultant Finder"で検索できるようになるという話はとても興味深いものでした。

環境社会貢献

このパートナーKeynoteに限らず会場のあちらこちらで、SDGs:Sustainable Development GoalsというSalesforceが掲げる「2030年までに誰も取り残されない世界を作る」という壮大なビジョンが紹介されていました。Salesforceというビジネスを通じて、良質な教育、賃金の平等、第四次産業革命で誰もが活躍できる社会、次の世代のための環境保護など、世界をより良い方向に変えていくというものです。そして、その実現に向けてパートナーもSDGsの意義を理解し、具体的なアクションにつなげてほしいとのメッセージがありました。

事例として、DocuSign社の株式の1%を投資したペーパーレスによるアマゾンの森林を守る環境貢献活動が紹介されました。私たちもSalesforceパートナーとして、また社会の一員として何ができるのか考える良い機会となりました。

Sessionのあとは

Dreamforceセッションのあとは、美味しい食事ですね!
クラムチャウダーからはじまり、エビ、カニ、肉、、、。
特にフィッシャーマンズワーフは街の雰囲気も良くおすすめです!日本に帰りたくなくなります。。。

さあ、Dreamforceも後半戦です! たくさんの情報と人に触れ、刺激受けて帰りたいと思います。

13 件
     
  • banner
  • banner

関連する記事