2019.08.08

「あー、やっと泣きやんだ。」 育児休暇を取得してみてはじめて分かった理想と現実。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
gettyimages (11536)

テラスカイでインサイドセールスを担当している高橋です。

うちは共働きなのですが、第一子が誕生したということで、2ヶ月間育休を取らせていただきました。

妻が早期の仕事復帰を希望していたので、そのタイミングでの育休を取らせていただいたのですが、一言で言うと非常に充実した2ヶ月間でした。

また、こころよく育休を受け入れてくれた会社や、上司の皆様には非常に感謝をしています。本当にありがとうございます。

今回の育休で自分が感じたことや、とってよかったこと、大変だったことを書いていきたいと思います。

育休に入る前に思っていたこと

gettyimages (11567)

2ヶ月間の休暇なんて社会人になってから初めてだったので、正直かなりワクワクしていました。

午前中に家事を終わらせて、子供の面倒見ながら好きな本を読んだり、やりたいことなんでもできると思っていました。

妻に話したら「いやいや無理だから。。」なんて言われましたけど、やり方次第でなんとでもなるでしょって。

結果どうにもなりませんでした。。

どうにもならなかったこと3選

gettyimages (11568)

自分の頑張りではどうにもならなかった、大変だったことを3つ紹介します。

【泣きやまない問題】

赤ちゃんはとにかく泣きます。ずーっと泣いています。

泣いた時の主な対処法としては、ミルクあげる、オムツ変える、抱っこするの3択です。

しかし、ミルクあげただけ、オムツ変えただけでは基本泣きやみません。そのあとに抱っこ30分くらいしてやっと泣きやみます。

「あー、やっと泣きやんだ。」と思って置くとすかさず泣き始めますし、大きい音でも立てようものなら容赦なく泣きます。

これを2時間くらい繰り返してやっと落ち着きます。

朝起きて、ミルク飲ませて、オムツ変えて、あやして、ふと時計を見ると12時過ぎていて「何もできていない。。」って思うことがよくありました。

【家事できない問題】

基本的に赤ちゃんが起きている時間帯は家事ができません。が、全くできないわけではありません。

ずっと一緒に過ごしているとわかってくるのですが、日によりますが、うちの場合は午前中に1回、午後に2回くらい30分〜1時間、寝るもしくは大人しくなるタイミングがあります。

このタイミングで家事を行います。

掃除、洗濯、食事の準備。午前中に終わらせたいと思い奮闘しますが、終わるわけありません。。

しずかーにゆっくり音立てないように、汗だくになりながら家事を行なって気づけば夕方です。

抱っこ紐つけての家事に挑戦したこともありましたが、筋肉痛?で肩が上がらなくなったのですぐやめました。

【イライラ問題】

赤ちゃんは可愛いです。自分の子となればなおさらです。

みなさんご存知と思いますが、赤ちゃんはたくさん泣きます。泣くのが仕事です。

私も重々理解しております。

以前妻が、泣きやまない赤ちゃんにイライラしており、

「だって赤ちゃんは泣くのが仕事だし、それって前からわかっていたことでしょ?」って妻に文句を言って何度か喧嘩をしたことがあります。

今ならわかります。イライラします。あの時文句言って本当にすみません。

イライラの対処法としては、泣き声に過剰に反応しないようにすることと、イライラしていると思ったら、一旦泣いている赤ちゃんを置きコーヒーや甘いものを食べるとイライラが治りました。

育休をとってよかったこと

gettyimages (11569)

育休をとってよかったことはあげれば本当にたくさんあるのですが、ここでは特に自分が感じた4つを紹介したいと思います。

【子供の成長を間近で感じることができる】

子供の成長は本当に早いです。

ちょっと前までは、目もよく見えてなくあまり笑うこともなかったですが、気づけばちゃんと人の顔を認識し声をだして笑っています。

離乳食やハイハイなどあっという間に成長していきます。この成長を身近で感じられるのは、とても嬉しいことだと思いますし感動します。

育休をとって毎日長い時間一緒にいなければ、今ほどは感動していなかったのではないかと思います。

【夫婦仲が前よりもよくなった】

もともと夫婦仲はよかったのですが、子供が生まれてから些細なことで、喧嘩をすることが増えていたように思います。

周りから話を聞いて大変なのは理解しているつもりでしたが、実際に育休を取り、子育てと家事を行うことがどういうことで、何がどのくらい大変か身をもって体験することができたので、お互いに理解が深まったのだと思います。

また、育休を通じ共通の話題などもでき、お互いに楽しく育児をすることができるようになったのもとても大きいです。

育休を取ってなかったらって思うと。。ゾッとします。

【混雑時を避けて外出できる】

子供が外出できるようになったら、やっぱり色々なところに行きたくなります。

しかし、土日に外出するとどこも混んでおり、赤ちゃん連れだと正直大変です。

育休中は、平日に外出できるのでどこもそこまで混んでいませんし、平日だと少し安くなっていたりすることも多いので、ちょっとお得気分で外出することができます。

温泉旅館などの宿泊施設は平日がお得なので、今がチャンスと言わんばかりにたくさん行きました。笑

【家事のスキルが大幅にアップ】

以前は食べた後の皿洗いをたまにやるくらいでしたし、洗濯機の回し方もよくわかっていませんでした。

しかし、家にいるからにはそうは言っていられず、妻に一通りの家事を一からレクチャーしてもらうことに。

特に上達したのが料理かなと思います。レパートリーがかなり増えました。

毎日料理を作るのってかなり大変で、同じものばかり食べていてもすぐに飽きてしまうので、ググっていろんなものを作っていました。

妻もかなり喜んでくれました。今では妻を超えているような気がします。笑

最後に

2ヶ月間の育休を終えて一番よかったことは、家族との関係がよくなったことだと思います。

育児に対しても色々周りから聞いていましたが、実際に長時間やってみると想像と現実のギャップがあることもわかりました。

この経験があるのとないのでは、育児の見方がずいぶん違うと個人的には思います。

何度もできる経験ではないので、育休を取るチャンスのある方は是非取ることをお勧めします。
28 件

関連する記事