2017.07.27

DataSpider Cloud のスクリプトから Chatter へ投稿する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

はじめに

みなさんこんにちは。プロダクトサポートエンジニアの河合です。

今回は DataSpider Cloud から Salesforce の Chatter に投稿するスクリプトを紹介します。
以下のような通知を Chatter で行うことができますので、是非試してみてください。
 ・作成したレコードへのリンクを投稿したい
 ・作成したファイルを添付して投稿したい
 ・処理の実行結果を通知したい
thinkstock (1167)

パターン1:リンク付き投稿

まずはリンク付きの投稿をするスクリプトを紹介します。
取引先を作成し、そのデータへのリンクを投稿します。

なお、本記事の投稿はすべて「スクリプト実行ログ」という Chatter グループに投稿します。
「データ書き込み(INSERT)」を選択し、以下のように設定します。

項目にはこのように値をセットします。

項目(ラベル) 項目(API) 内容 セットする値
親 ID ParentId Chatter グループの ID 「スクリプト実行ログ」グループのID(※)
内容 Body 投稿の内容 取引先が作成されました
タイトル Title リンクのタイトル リンクはこちら
リンク URL LinkUrl リンク先のURL 「/」 + 作成した取引先の ID
※「スクリプト実行ログ」のグループIDはあらかじめスクリプトで取得するか、
 以下の画像のように Salesforce の URL から取得しておきます。

スクリプトの実行結果はこのようになります。

パターン2:ファイル付き投稿

続いてファイル付きの投稿をするスクリプトです。
CSVファイルから取引先を作成し、実行結果と共にCSVファイルを Chatter に投稿します。
今回も「データ書き込み(INSERT)」を選択し、以下のように設定します。

項目にはこのように値をセットします。

項目(ラベル) 項目(API) 内容 セットする値
親 ID ParentId Chatter グループの ID 「スクリプト実行ログ」グループのID
内容 Body 投稿の内容 取引先が作成されました
コンテンツファイル名 ContentFileName ファイル名(拡張子含む) 入力ファイル.csv
コンテンツデータ ContentData ファイル本体(Base64) [ファイルのパス]
※コンテンツデータは「Base64 項目入力形式」オプションを以下のように設定しています。

スクリプトの実行結果はこのようになります。

なお、この方法では添付ファイルの最大サイズは 38 MB となります。
これより大きいサイズのファイルを添付したい場合は、Chatter REST API を使うことで最大 2 GB までのファイルをアップロードすることができます。

パターン3:投稿へのコメント

最後に投稿にコメントする方法を紹介します。
またまた、「データ書き込み(INSERT)」を選択し、以下のように設定します。

元となる投稿の項目を以下のようにセットします。

項目(ラベル) 項目(API) 内容 セットする値
親 ID ParentId Chatter グループの ID 「スクリプト実行ログ」グループのID
内容 Body 投稿の内容 処理を実行します
前述の投稿に対してコメントをします。

コメントは「FeedComment」オブジェクトを対象にします。
投稿のIDをセットすることで、対象の投稿に対してコメントすることができます。

「データ書き込み(INSERT)」を選択し、以下のように設定します。

項目を以下のように設定します。

項目(ラベル) 項目(API) 内容 セットする値
フィード項目 ID FeedItemId コメントする投稿のID 前述の投稿のID
コメント内容 CommentBody コメントの内容 処理が正常終了しました
スクリプトの実行結果はこのようになります。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

今回紹介したのは Chatter 投稿の基本的な部分となります。
他にもコメントにファイルを添付したり、投稿先をレコードにするなど、様々な活用が可能です。
これらの方法についても次回以降、紹介していきます。

今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
34 件

関連する記事