2019.11.21

Dreamforce2019 day2:Provarを使ったE2Eテストの自動化紹介セッションの報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Dreamforceも2日目になりました。
治安の悪いテンダーロイン付近にホテルがあり、ホームレスの多さにサンフランシスコの闇を肌で感じています。

2日目に行われたProvarを使ったテスト自動化事例のセッションについて紹介します。

 セッション名: Discover Test Automation with Provar
 日時: Wednesday, November 20, 1:45 PM - 2:05 PM
 場所: Moscone West, Coastline Theater

Provar社北アメリカ代表のJon Robinsonさんが、Provarについて紹介します。 ProvarはSalesforceに特化した、E2Eの自動テストツールです。

Salesforceのテストはしばしば信頼性に欠け、複雑で、再利用性に欠けます。

さまざまなアプリケーションやデータやサービスがあちこちに散在していて、E2Eテストはいつも複雑です。と、Jonさんが説明します。

Provarは以下の機能で、それらの複雑さを解決します。   

・メタデータの情報を元に、テストを自動メンテナンスできる
・クリック操作でテストを作成できる
・Salesforceに特化し、Salesforceのロードマップも尊重する
・ビジネスフローを完全自動化できる
・CI/CDのプラットフォームと連携できる

実際にProvarを使った事例を、splunk社の品質エンジニアのmala Punyaniさんが話します。

以下のことをProvarで実現できたことによって・・・

・エクセルを使ったデータ駆動のテスト
・SOQLのクエリ実行のテスト
・バルクアップデートのテスト
・可変のテストデータ用にProvar内でテーブルを作成
・Apex APIを使ったバッチ処理のテスト
・複数のシステム間のE2Eテストの自動化
・メール通知のE2Eテストの自動化
・PDF出力のE2Eテストの自動化

結果、
・導入に3ヶ月
・テスト工数75%削減

ビジネスフローはこんなに複雑。
このE2Eテストがすべて自動化できました。

以上、Provarを使ったテスト自動化の事例でした。
E2Eテストは自動化をしても、メンテナンスが大変で失敗事例もよく聞きますが、うまくこういったツールに頼れば、現実的な自動化を実現できるのかもしれませんね。

16 件
     
  • banner
  • banner

関連する記事