2017.05.23

SkyOnDemandで「コード置換」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、鈴木です。
ようやく秋らしい気候になってきましたね。 みなさん、風邪は引いていませんか?

さて、前回の村田のBlog「データを「変換・加工」してみよう!」では、
データ連携時に有効活用頂ける、SkyOnDemandの「変換・加工」機能についてご紹介をしました。

SkyOnDemandは、データを読み書きするだけではなく、データを変換・加工するための機能が沢山備わっています。マウスの設定操作だけで、連携元から読み取ったデータを連携先システムが「欲しい形」にデータを変えてあげることが出来たら、連携開発の難易度が大きく削減されると思いませんか?

ということで、今回は前回に引き続き、「変換・加工」の1つである「マッピング」機能の中から、活用頻度の高い「コード置換」機能について、ご紹介したいと思います。


SkyOnDemandの「コード置換」機能について

システム間でデータの連携を行う際に、コード変換が必要になるケースは多くあると思います。
例えば以下のようなケースです。

【システムAのオーダー情報には「商品コード」だけが登録されているが、連携先であるWebサービスには、「商品コード」に加えて「商品名」もあわせて表示させたい。】



















上記のようなケースには、SkyOnDemandの「コード置換」処理を利用することで、容易に変換処理を行うことが出来ます。

SkyOnDemandには「コード置換」の機能として、以下の3つの種類があります。 
置換処理の内容や運用を考慮し、利用する機能を選択することが可能です。

コード置換の種類内容
文字列ごとに置換 入力文字列を変換テーブルにより置換して返します。変換するコードの種類が少ない場合に利用します。
CSVファイルによる置換 CSVファイルにコードと名称が登録された変換テーブルがある場合に使用します。
DBテーブルによる置換 データベースにコードと名称がセットで登録されたマスタテーブルがある場合に使用します。


では、上記より1つ取り上げて、「②CSVファイルによる置換」の設定方法をみていきたいと思います。
※今回は入力元データ、出力先データ共に、CSVファイルを使っていきたいと思います。



「CSVファイルによる置換」の設定方法

コード置換の完成イメージとしては以下になります。














入力元のデータには商品コードのみが登録されていますが、SkyOnDemand内部で、コード置換用のCSVファイルを利用し変換処理を実施することで、出力先のCSVファイルに、商品コードと共に商品名を出力することができます。


連携処理の設定方法はこんな感じです。

  1. 「CSV読み取り」アイコンを使用し、CSVファイル「オーダー情報」を読み取る設定を行います。
  2. 「CSV書き込み」アイコンを使用し、CSVファイル「オーダー情報」を書き込む設定を行います。
  3. ①と②の間にデータフローとプロセスフローを引き、「mapping」アイコンを追加します。
  4. 「mapping」アイコンを開き、「コード置換」の変換ロジックを設定します。
    • 右のツールパレットより、「文字列」>「変換」>「CSVファイルによる置換」を配置
    • 「CSVファイルによる置換」の設定画面より、置換用のファイルを選択
    • 「CSVファイルによる置換」アイコンが通るように、入力元の「商品コード」と出力先「商品名」をマッピング

▼マッピング設定イメージ












▼連携スクリプト作成イメージ





 





このように、mappingアイコンの置換機能を使うことで、コード変換も柔軟に対応することが可能です。
対象の商品が増えた場合には、CSVファイルのメンテナンスをすればよいので、メンテナンス性も抜群ですよね。


前回のBlogでは、商品マスタ(商品名と商品コード)を変数に保管し、商品コードが一致する場合には出力先に商品名を書き込む、、といった設定を行いました。 「コード」を「名称」に変換する方法としては、他にもいくつか選択肢はありますが、「マッピング」の中で容易に設定ができる「コード置換」機能については、是非覚えて頂き、活用頂ければと思います。

それでは、本日は以上です。
次回もお楽しみに~!

1 件

関連する記事