2019.08.28

Salesforce認定資格 アドミンの「一歩先」を考える座談会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
はじめまして。クラウドインテグレーション本部の徐です。
今回は少し趣向を変えて同僚との座談会形式で進めて参ります。
テーマはズバリ
 ~~ 認定アドミニストレーターに合格! さて次に狙う資格は? ~~
です。
gettyimages (12075)



<自己紹介>

徐
入社2年目、IT業界では13年、Salesforce 開発経験は5年。
古山
古山
入社1年目、前職ではSalesforceのAdminを経験。プログラミング経験はほぼなし(勉強中)。
関野
関野
入社5ヵ月目、IT業界では22年の中年エンジニア。


それでは、座談会スタート!


徐

さて、関野さんは最近入社されましたが、Salesforceの資格は何か持っていますか?

関野
関野

テラスカイに入社前は恥ずかしながらSalesforceの資格は何も持っていませんでした。
入社して直ぐに言われたのは「認定アドミニストレーター(以下:認定アドミン)の資格を取りなさい。」でしたね。
頑張って2ヵ月目でなんとか「認定アドミン」の資格を取ることができましたが凄いプレッシャーでした笑

古山
古山

私も2ヵ月目で取得しました。プレッシャーでした笑

徐

私は入社時に認定アドミンだけでなく、既に認定上級デベロッパーも取得していたのでプレッシャーはありませんでしたが笑

関野
関野

徐さん凄いですね。徐さんは認定アドミンを取得した後、認定上級デベロッパーを取得しようと思ったのは何故ですか?

徐

私は以前からForce.comでの開発をしていたので、技術力の証明としてデベロッパーの資格に興味がありました。
認定資格の系統として、認定テクニカルアーキテクトになる為に認定デベロッパーの資格を得ようと考えました。

関野
関野

なるほど。Salesforceの資格として開発系とアドミン系があるのですね。

古山
古山

こちらのサイトにSalesforce認定資格の体系が載っています。
http://tandc.salesforce.com/credentials
アドミン系だと認定上級アドミニストレーターが上位資格になりますね。
他にもコンサルタント資格として「認定Sales Cloudコンサルタント」、「認定Service Cloudコンサルタント」というのもあります。
私は次に認定上級アドミニストレーターを受験しようと思っていますよ。

徐

私と方向性が少し違いますね。開発者ではなくアドミンの資格に興味があるのは何故ですか?

古山
古山

今までSalesforceを扱った業務の経験はあるのですが、プログラミングの経験が無いのでデベロッパーの資格は敷居が高いと感じているんですよ。

関野
関野

そうなんですね。確かにデベロッパーになるにはApexの知識が必要になりますよね。
私はプログラミング言語として「Java」の経験があるのでApexも理解しやすかったのですが、プログラミング未経験だと確かに敷居が高いかも。

徐

でも、Javaを使ったWebアプリケーション開発の知識だけだとApexでの開発で苦戦することがありますよ。

関野
関野

え?! そうなんですか?

徐

はい。Salesforceはマルチテナントのサービスなので、一つのサーバを複数の組織で利用します。
そこで設けられたのが「ガバナ制限」というルールです。
「ガバナ制限」を無視した開発はできないので、一般的な「Java」の開発知識だけでなく「ガバナ制限」の知識も必要です。

関野
関野

なるほど。自由に開発できない制限があるのは大変ですね。

徐

ですが、その制限を上手く使いこなせれば、スピード感ある開発が出来てお客様にもシステムを直ぐに見て頂けるので 短期間でシステムを稼働させる事ができるのがSalesforceの魅力です。

古山
古山

開発の話ばかりしていますけど、Salesforceの標準機能でもお客様の希望するシステムを作る事が出来ますよ。
Lightning Experience(LEX)がリリースされて、よりモバイルでの利用がしやすくなりましたし、 Lightning フローを使えばプログラミングをせずに業務の自動化を促進させられるので アドミンの立場でも「より柔軟なSalesforceの開発」が出来るようになりました。

関野
関野

アドミンも極めるとスーパーエンジニアとして活躍できそうですね!
でも、勉強することが沢山あって大変そうだぁ…

徐

確かに沢山ありますねw
関野さんも受講したと思いますが、テラスカイではSalesforceの管理者になるためのトレーニングメニューを用意しています。
お客様向けにもトレーニングは実施していて好評なようですよ。

関野
関野

実は入社当時は「40歳過ぎのおじさんがSalesforceを理解できるか?」と不安があったのですが、 トレーニングの中で、Salesforceの標準機能で実現する方法と、Apexを使った開発で実現する方法を ハンズオン形式で丁寧に教えてもらえたので短期間で基礎が身に付きました。
有難かったです。

古山
古山

そうですよね。テラスカイは認定資格の取得に積極的な会社だと思います。
毎月「認定資格道場」という形で、資格合格者がこれから受験する方に勉強するポイントを指導したり、 認定資格の最高峰「認定テクニカルアーキテクト」を目指す方の勉強会も定期的に開いてますしね。
ちなみに、「認定テクニカルアーキテクト」の国内保有者数No1はテラスカイなんですよ~

関野
関野

プチ自慢入りました!w
となると、お二人は認定アドミンを取得した後、次の資格は何をお勧しますか?

徐

Salesforce Platformでの開発をするなら、「認定Platform アプリケーションビルダー」、「認定Platformデベロッパー」がお薦めです。
この二つの資格を持っていれば「Salesforceを使った開発が出来る」と胸を張れるのではないでしょうか。

古山
古山

私は「認定上級アドミニストレーター」を推しますね。
その後はお客様とのコラボレーションを活かした「認定Community Cloudコンサルタント」を目指そうと思っています。
アドミンという経験を活かして「お客様と一緒にシステムを良くしていく」が理想ですね。関野さんは?

関野
関野

私もお客様と一緒に課題解決をすることが好きなのでコンサルタント資格には興味があります。
「認定Sales Cloudコンサルタント」、「認定Service Cloudコンサルタント」の資格を取って、 セールスの方もカスタマーサポートの方もハッピーになれる提案が出来るようになりたいですね。

徐

三者三様のお薦めとなってしまいましたが、読者の皆様は参考になりましたでしょうか?
Salesforceを扱うテラスカイ社員の感想が、皆様のお役に立てれば幸いです。
ありがとうございました。

古山
古山

ありがとうございました。

関野
関野

ありがとうございました。

4 件
     
  • banner
  • banner

関連する記事