2018.10.01

Dreamforce2018 day2:Sales Cloud Keynote

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Dreamforceもいよいよ中盤となり、盛り上がりが続いております。
今回のDreamforceではSales Cloudに限らず様々なところで"AI"、"Integration(Mule Soft)"、"Trailblazer"がキーワードとして登場しています。
今後はSales/Service/その他向け機能もAIをメインとした新機能となるのではないか、と感じてしまうようなイベントとなっています。

今回は、永野よりSales Cloud Keynoteより、Sales Cloudに関する新機能を中心に紹介致します。

Sales Cloud新機能紹介 - 商談関連

High Velocity Sales (GA Spring 2019)

(1) Sales Cadences、Prioritized Work Queues
新たに登場した"Cadences"としてフローを定義することで、Salesが商談上で次に起こすアクションを「推奨作業」として提案してくれるAI機能。

(2) Einstein Lead Score
Einsteinがリード情報の過去データ分析結果より、どのleadに対して電話等のアクションをすべきかスコア(数値化)を提示してくれるAI機能。

Lightning Dialer (GA済み)

(1) Multiple Voicemail Drop、Automatic Call Logging、Call Scripts
Lightningのユーティリティバーに"Phone"のメニューを追加可能となり、容易に電話、VOICEメールが可能となる機能。

Sales Analytics

(1) Real-time Reporting、Customizable Dashboards
(詳細は不明ですが)レポート・ダッシュボード周りが機能強化。

Sales Cloud新機能紹介 - モバイル関連

Salesforce Inbox (GA済み)

(1) Einstein Email Insights
なんと、Salesforce純正のメールアプリの登場です。
本日時点で、iOS、Android、Chrome、Outlookに対応しているようです。

(2) Seamless Scheduling
Einsteinがメール文章を解読し、スケジュール登録を提案してくれるAI機能。

(3) Recommended Connections
知らないお客様からメールがきた際など、連絡先の中からお客様とつながりがある人などをEinsteinの判定により推奨してくれるAI機能。

Salesforce Inboxについては、下記URLより登録することで、Trial版を取得することが可能です。
https://bit.ly/tryinbox

Einstein Voice (2019 2H)

(1) Intelligent Assistant
(2) Automatic Record Updates
音声認識、及び、AIによる文章解析等のAI機能ですが、他Keynoteでも多数でているため、ここでは紹介を割愛します。

Sales Cloud新機能紹介 - Billing、Portal関連

Salesforce CPQ (GA済み)

(1) Quick Configuration
複数の部品、材料、オプション等から任意選択の組み合わせて商材を作成することができる機能。
既存の「Salesforce CPQ」の機能拡張か、「Sales Cloud」への機能追加かは不明でした。

(2) Built-in Approvals
話を追うことができず、詳細不明です。

(3) Back-office Integration
後述の「Billing」機能とのデータ自動作成連携を指すものと思われます。
Salesforceが初めてバックオフィスの機能を実現と表現していました。

PRM (GA済み)

(1) Branded Partner Portals、Personalized Experiences
Partner Portalのサイトにて、パートナーがどのような販売活動をしているのかを管理できるようになるようです。

Salesforce Billing (GA済み)

(1) Automated Invoicing
商談データから、自動的にInvoice(請求書)データを作成する機能。

(2) Easy Payment Collection
Invoiceの支払い方法を "Total Balance"、"By Invoice"から容易に選択可能な機能。

おわりに

二日目まで多くのKeynoteを見てきましたが、Sales Cloudが一番多く新機能が盛り込まれていたかと思います。
SFAは古くからあり、枯れた技術かと思われますが、AIが登場し、今後まだまだ発展の余地がありそうです!
38 件

関連する記事