2021.11.12

学びに必要なものってなんだ?東大王の伊沢拓司さん、ジェイソンらの対談をいち早く聞いてきました(TerraSkyDays 2021 Online)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
DX(デジタルトランスフォーメーション)の最新事例や次世代の働き方について学べる無料オンラインイベント「TerraSkyDays」が間もなく開催されます!

イベントの締めとなるDay2 SpecialSessionでは、「東大王」や「QuizKnock」で有名な伊沢拓司さんや弊社ジェイソンら豪華メンバーが、未来のIT教育について対談します。

パネリストのみなさん

スタッフとしていち早くその対談を聞いてきましたので、個人的な見どころをご紹介します。
(イベント詳細・お申し込みはこちら

セッション企画の背景

プログラミング教育が小学校で必修となり、子どもたちにとってテクノロジーはより身近なものになってきました。
また、リスキリング(職業能力の再開発、再教育)の観点から、大人のIT教育も注目されています。

テラスカイは新潟県上越市でのプログラミング教室妙高市でのオンライン職業講話京都情報大学院大学での新講義など、さまざまな地域での教育支援活動に取り組んでいます。
今回はIT教育について有識者と共に一歩踏み込んで考える機会を設けるべく、このSpecial Sessionを企画しました。

こんなことが聞けます

ここからは、スタジオで交わされた対談の一部をご紹介します。
前半のテーマは、子どもたちのIT教育
利根川さんの「プログラミングに詳しくない小学校の先生が、どうやって小学生にプログラミングを教えるのか?」というお話から始まります。

公教育のプログラミング教育を推進する「NPOみんなのコード」代表理事の利根川さん

みんなのコード、テラスカイが行っている、地方でのIT教育支援の紹介も。
(私は都心にいるのでなかなか気付かないのですが、地方は都心よりもIT教育の恩恵を受けるチャンスが少ないのですね…なるほど…)
伊沢さんが語る、「学ぶ→楽しい→もっと学ぶ」の好循環については、勉強ぎらいの私にも非常に刺さりました。

後半は、大人のプログラミング教育がテーマです。
学校の先生にプログラミングを学んでもらう時のコツや、IT未経験者のリスキリングを支援するテラスカイ・テクノロジーズの話に花が咲きます。
ジョブチェンジの話に移ると、一度は研究者への道を志した伊沢さんと、テラスカイ役員・お笑い芸人を両立しているジェイソンのキャリアに関する考え方が明らかに。

ジェイソンは、Opening Sessionにも登場します

そんなこんなで、あっという間に終わった40分でした。
いち社会人として考えさせられることが多々ありました!

参加は無料!ぜひお早めにお申し込みください

本当はもっともっと見どころがあるのですが、今日はここまで。
全貌を知りたい方はぜひ、TerraSkyDaysにお申し込みのうえ、11/26(金)16:40~17:20 のセッションをご視聴ください!

なお、本セッションはアーカイブ配信がございません。
見逃さないように、今のうちにカレンダーに予定を入れておくのがオススメです。
参加登録で、1人につき100円がNPO法人みんなのコードに寄付されます。
寄付金は、子どもたちがプログラミングを楽しめる授業が日本中に広まるよう、学校の先生等への支援に活用されます。
子どもたちにITの可能性を届ける活動を、ぜひ一緒に応援しましょう。

この他にも、カインズ・LINE・近畿大学・ヤマト運輸など2日間で約30社・50名のセッションをお届けします。
詳細は、ぜひ特設サイトをご覧ください!
☆収録の様子など、イベントのこぼれ話をTwitterで発信中☆
https://twitter.com/TerraSky_mk
17 件

関連する記事