2017.11.16

mitocoをカスタマイズ 独自ホーム画面を作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは、製品開発部の渡辺です。

mitocoは、プラットフォームとしてSalesforceを利用しております。

そのSalesforceが毎年開催している、 Dreamforce というカンファレンスに、
先週の11月6日〜9日、アメリカのカリフォルニア州 サンフランシスコへ行ってきました。

Dreamforce

Salesforce.comが毎年開催するイベントで、今年は13の基調講演と2,700以上のセッションが行われ、世界各国から約17万人が参加したと報告されてます。

そして、mitocoもこのイベントに出展し、多くの方に立ち寄って頂きました!

Dreamforce'17 mitoco出展

Dreamforceについてのレポートは弊社の Tech Blog にて報告させて頂いてます。

また、このDreamforceのフィードバックを TerraSky Power Night という、弊社主催のエンジニア、システム管理者向け勉強会を開催しますので、ご興味を持たれた方は是非ご参加ください。お申し込みはこちらから

mitocoホーム画面カスタマイズ

今年のDreamforceでは、ホーム画面をカスタマイズしたデモを行いましたので、今回のBlogではこの画面についてご紹介します。

mitocoではご利用先の環境に応じて、左上のマークやローディング中のアイコンを変更するカスタマイズが可能ですが、今回ご紹介するのは独自のホーム画面を作る機能になります。

製品をインストールしたままご利用頂くと、次のような画面になるかと思います。

そして、ホーム画面をカスタマイズし独自のページを作成すると、次のような画面を作ることができます。

mitocoをインストールすると、その中にはこの画面で使われているような 幾つかのコンポーネント(部品)も含まれています。
SalesforceのLightning アプリケーションビルダーというものを利用すると、mitocoのコンポーネントとそれ以外のコンポーネントを1つのページに配置し、独自のホーム画面を作る事が可能です。

mitoco以外のページを開いている場合でも、mitocoで提供する各コンポーネントを画面下部にバーとして表示する事も可能です。

現在提供されている、コンポーネントは以下のものになります。

  • 今日の掲示板 (当日更新のあった掲示板のみが表示されます)
  • 私のタスク (ToDoの一覧画面)
  • 最新のコメント(自分の閲覧可能なトークのコメント一覧)

今後のリリースでは、新しいコンポーネントをさらに追加していきたいと考えております。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
もちろんそのままご利用頂けるmitocoですが、特に既存でSalesforceをご利用のお客様は興味を持って頂けたのではないでしょうか?
まだトライアルをされてない方は、是非こちらからお申し込みください!
また、気になる事がありお問い合わせだけでも!という方は、こちらから お問い合わせを頂ければと思います。

引き続き、成長を続けていくmitoco、今後もご期待ください!

※今回ご紹介した機能は、一部ご契約ライセンスや利用環境の状態によってはご利用いただけない場合もございます。お手数おかけしますが、弊社営業まで問い合わせ頂ければと思います。

18 件

関連する記事