2017.10.05

アドレス帳に部署機能が追加されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
こんにちは。製品開発部の上田です。

はやいもので2017年も4分の3が終わりました。
時間の体感速度は年齢に比例するそうですが、あっという間ですね。

さて、今回はmitocoのアドレス帳に追加した部署機能をご紹介したいと思います。

部署とは?

部署の特徴として以下の機能があります。
  1. ユーザーを複数の部署に割り当てる(兼任させる)ことができます。
  2. 割り当てた部署のうち1つを主部署として指定することができます。
  3. 部署からユーザーを探すだけでなく、ユーザーから所属している部署を逆引きすることができます。
※mitocoの部署機能はユーザーオブジェクトの部署項目とは関係ありません。

部署を作ってみよう

それではさっそく部署を作ってみましょう。
アドレス帳の部署タブを選択して「部署作成」ボタンをクリックします。

部署作成画面が開くので、部署の名前と上位の部署を指定し「作成」ボタンをクリックすると部署が作られます。
※上位部署を指定せずに「作成」ボタンをクリックすると最上位の部署になります。

部署を編集してみよう

作成した部署の右端にある3点リーダーアイコンをクリックします。
「割り当て」「編集」「削除」ボタンがあるので「編集」ボタンをクリックします。

部署編集画面が開くので、部署の名前と上位の部署を指定し「保存」ボタンをクリックすると部署が編集されます。
※すでに存在する部署と同じ名前で保存することはできません。

部署にユーザーを割り当ててみよう

続いて、部署にユーザーを割り当てます。
部署の右端にある3点リーダーアイコンから「割り当て」ボタンをクリックします。

割り当て画面が開くので、部署に割り当てたいユーザーを指定し「保存」ボタンをクリックすると部署にユーザーを割り当てることができます。
他の部署に割り当てたユーザーも指定することができます。

部署を削除してみよう

最後に、部署を削除してみましょう。
部署の右端にある3点リーダーアイコンから「削除」ボタンをクリックします。
確認メッセージが出るので、内容に間違いがなければ「はい」をクリックすると指定した部署が削除されます。

ユーザーを割り当てていた部署を削除しても割り当てていたユーザーは削除されません。

上位部署に指定されていた部署(子部署を持つ部署)を削除した場合、
子部署も連動して削除されるのではなく、子部署は上位部署のない部署になります。

最後に

今後も魅力的な機能が増えていきますので楽しみにしていてください。
ご興味を持たれた方は、是非、mitoco製品トライアルからご連絡ください。
19 件

関連する記事