2018.09.26

Dreamforce2018 day1:The Greatest Ecosystem to Deliver Customer Success

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
♪カーモン、ベイビー、アメリカ!

登園前の娘が毎朝アレクサにお願いして聴いているDA PUMPのヒット曲『U.S.A』の舞台、米国サンフランシスコで開催しているDreamforceにやってきました!
はじめての参加なのでサンフランシスコの雰囲気とDreamforceの熱気にワクワクしています。

Moscone Westの入り口。ここから初めてのDreamforceが始まります。

Salesforceパートナーでもあるテラスカイに籍を置いていますので、まずはパートナー向けキーノート『The Greatest Ecosystem to Deliver Customer Success』に参加してみました。顧客の成功をもたらす最高のエコシステムってなんかすごい題名ですね。

内容は当たり前ですがパートナーの重要性をとにかくアピールしていました。「パートナーがいるから今のSalesforceがある」や「パートナーの成功なくして、顧客の成功はない」など少し気恥ずかしい感じもします。
その中でいくつか興味をもった内容を紹介します。

Customer360(カスタマースリーシックスティ)

カスタマーエクスペリエンスを提供するSalesforceの機能群です。Commerce Cloud・Marketing Cloud・Service Cloudに簡単に接続でき、複数システムに存在する複数の同顧客の名寄せや、担当者が顧客の取引情報を一括してアクセスできるようになります。

顧客情報がシステム間で散見され管理が複雑になっている事はよくあることなので、これらの機能を利用するケースは多くあると思います。

Salesforce Integration

Customer360にある機能の一つです。salesforce.comが買収した米ミュールソフトが販売する業務アプリケーション連携ミドルを利用した機能になります。あらゆるアプリケーションやデータ、デバイスと接続可能でレガシーシステムのデータも公開することができるようになります。

弊社連携ソリューションの「SkyOnDemand」や「DataSpider Cloud」に近い機能でもあるので、かなり気になる存在です。

Learning Paths

salesforce.comの調査では81%のパートナーが人材確保に悩んでいるようです。そのため自分自身でガイド・コンサルタントしながら0からエキスパートを目指す15のラーニングパスが発表されました。少し内容をみてみましたが1つのラーニングパス毎に5つのステップ(?)が用意されています。

かなり濃い内容なのですが残念ながらまだ英語版しかありません。パートナーの技術者の目指すゴールの一つがここにあると思います。

http://p.force.com/learningpaths
Dreamforceがスタートしてすぐのキーノートでしたので正直内容は概要レベルでした。ただこれからが本当のスタートになりますので、4日間時間があるかぎりひとつひとつの内容を紐解いていきたいと思います。

おまけ

どなたか分かりませんが進行中にキーノートの内容をイラストでまとめていました。すごい・・・

15 件

関連する記事