2017.05.23

Lightning Component『Multi-View Calendar』をリリースしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

皆さん、こんにちは。
6/9にAppExchangeサイト(グローバル)に公開したLightningコンポーネント『Multi-View Calendar』を紹介します。

実はこれもSkyVisualEditorチームで開発しました。
そして 無料 ですのでお試しください!

では、『Multi-View Calendar』の機能内容や設定方法です。

1. 機能内容

パッケージには下記2つのコンポーネントが含まれており、Lightningアプリケーションビルダーから利用可能です。
Lightningアプリケーションビルダーを使用せずに利用することも可能ですが、当ブログでは使用することを前提に書いていきます。

■ TS Calendar Display
 行動(Event)オブジェクトに登録されているスケジュールデータを月、週、日表示するカレンダーコンポーネントです。コンポーネント単体での利用が可能となっており、Salesforce1のタブとしても利用できます。
■ TS Calendar User Selector
 他のユーザーのスケジュールを確認できるようにするコンポーネントです。「TS Calendar Display」と一緒に利用します。

2.利用条件

 (1) Lightningコンポーネントが有効であること

Lightningコンポーネントを有効化します。ベータ機能になっていますので、Sandbox環境やDeveloper Edition等で一度お試しすることをお勧めします。
  設定 -> ビルド -> 開発 -> Lightningコンポーネント

チェックをして「Save」ボタンをクリックすると警告メッセージが表示されます。問題がなければ「OK」をクリックします。

 (2) Lightningアプリケーションビルダーが有効であること

LightningアプリケーションビルダーがGAとなっているSummer'15環境、またはLightningアプリケーションビルダーが有効化されたDeveloper Edition環境を用意します。有効な組織の場合、設定メニューにLightningアプリケーションビルダーが表示されています。
  設定 -> ビルド -> Lightningアプリケーションビルダー

3.設定方法

 (1) Mult-View Calendarをインストール

AppExchangeサイトからMult-View Calendarをインストールします。
グローバルのサイトですが、日本の組織にもインストールして利用する事ができます。
https://appexchange.salesforce.com/listingDetail?listingId=a0N30000000q4PvEAI